誰もが羨む家に住みたいなら建築家に依頼するのが鉄則

海外の住まいを活かす

一軒家

個性的なデザイン

作品として仕上げているケースがあり、デザイン性が重視されているのが東京に多い建築家による戸建て物件です。不動産会社では、建築家が設計から施工まで一貫して手がけたマンションや戸建てを紹介しています。特に東京の都心では、若者ニーズからもデザイナーズと言われる戸建て物件は多く、見学では動線を描くことで快適な住み心地を得ることが可能です。建築家に委ねられたマンションや戸建てを含む住宅は、個性や主張の強さが表面上に現れているパターンも多い傾向です。例えば、造り付け家具は扉を含め、一般的には同色にすることが多いものの、施主の好みではなく、建築家の好みでカラーコーディネートされています。結果、東京の家具・家電付きのデザイナーズ物件の中には、オシャレやハイセンス重視のモノで設計されているケースも事実挙げられています。設備や建具、壁紙やタイルなどの内装には海外からの輸入品も多く採用されています。というのも、建築家は独立型となる事務所を設けています。デザイナーとして知識や技術の習得には海外の建築物、建設業にも目を向けている傾向です。日本と異なる文化や特色を併せ持ち、バリエーション豊かな感性で依頼を受けるケースも少なくはない事実です。東京は流行りの拠点で、流行りを家づくりに活かすことも少なくありません。特に資産価値は流行りも影響されやすく、当時の流行りで損をしないため、流行に乗っかりたい若者からは戸建て物件が活用されています。結果的に、こうしたデザイナーズ物件が好みだと解釈できることで、どの建築家が携わったのか不動産会社に問い合わせし、マイホーム計画の相談を行うケースが得に繋がります。

室内

依頼の手段

優れたデザインセンスを持つ建築家は、設計だけでなく工事の監理も行います。ハウスメーカーでは難しい要望も聞いてもらえるので、東京都内に気に入った建築家がいれば、直接相談してこだわりの家造りを目指しましょう。